スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

正規サービスプロバイダーってさ・・・・・

Apple正規サービスプロバイダーって知ってます?
iPhoneとか壊れたら郵送で対応してもらうか急ぎの場合はジーニアスバーのある直営店に行って(予約必須)対応してもらうんだけどいつの頃からか正規サービスプロバイダーというのが日本各所に出来ました。ここでも同様のサービスを受けられるようなのですが・・・

きっかけ
愛用のiPhone5のバッテリーが毎日の酷使のせいか持ちが悪くなったと感じ始めました。貧乏人の私としてはまだまだ使う予定のiPhone5。AppleCare+にも入ってるのでまだ先でもいいのですができるのならバッテリーを変えてもらいたいなと。ただ以前はバッテリーがダメなら本体ごと交換だったけど最近はバッテリーだけ交換してるのかな?以前にそんなことを小耳に挟んだような気がしますのでどうなのだろうかと。

お決まりの手順としてiPhoneの初期化(iTunesで)復元は済ませておきます。その後Appleサポートとコンタクトを取るのですが自分はオンラインチャットを選択。その前にiOS診断なるものも済ませました。情報はAppleに送られていました。
要約するとiOS診断には異常はなし。直営店か正規サービスプロバイダーに持ってきてくれればハードウェア的な問題はないか判断できるとのこと。近所のサービスプロバイダに行くことを伝えチャットは終了。

写真は今回行った店舗ではありません。
1_20140808210034410.jpg

初めてのサービスプロバイダなのでかなり不安がありましたが到着して待ち時間が140分とか言われてクラっと来ました。暑かったけど暑さのせいではないと思います。書類を差し出されて記入を促されながら口頭で「OS診断して問題がなければ対応はできないことをご了承ください」とのこと。OS診断ってさっきの???問題ないと出るのは知ってるぞ。ということは・・・・

「やっぱやめます。銀座に持って行くからいいです」と言って帰ってきました。

感じたこと
まずサービスプロバイダと言うのはAppleではないなと感じました。率直な感想は「こりゃ話にならん」です。ジーニアスバーと同様のスタッフではありません。ただの量販カメラ屋のおっさんです。
そもそも140分待ちってネズミーランドかい!
Appleのサポートの方はiPhoneと何らかの機械(パソコン?)につなげばどの程度劣化してるかわかるのでということだったけどサービスプロバイダではOS診断によって・・・と言ってたので話が違うんですよね。そりゃそうでよ、サポートと話ししてた履歴を見てないんですもん。ジーニアスバーに行けば予約済みなのでそんなに待たされることはない。一応席について話を聞いてくれる。

なんていうのかなぁ。うまく説明できないけどサービスのクオリティが全く別次元と言えばいいのかな。
小太りのムサイおっさんにあーだこーだ言われても説得力ないんですよね。知的ではないんだよなぁ。ジーニアスバーだとさボンバーヘッドでもサーファーっぽいお姉ちゃんでも「ムムッ、コヤツデキル」オーラが出てますがサービスプロバイダではそれがないんですよねぇ。気のせいですよね。

とにかくサービスプロバイダはやめたほうがいいです。2時間待つなら1時間かけて銀座の直営店に行って気分よく対応してもらって帰りになんか美味しいものでも食ってきたほうが遥かに良いと思います。最後まで対応してもらってないですが多分ジーニアスバーで診てもらうのとは結果が変わる場合が多いと思います。交換対応してくれたりとか異常なしで追い返されるかとか。

そういえばAppleのサポートとのチャットでバッテリーを一度使いきってから充電して見たりすると改善することがあると言ってたのを思い出して何度か完全に落ちるまで使い切って見てます。なんだか心なしか持ちが良くなったかな?

関連記事
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://iphonenewapp.blog46.fc2.com/tb.php/980-49033b43
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。