スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

iPhone無料アプリ「feedly」なんか惹かれるRSSリーダーです

IMG_0480.jpg

feedly」というRSSリーダーです。これが今までのとちょっと違う。
iPhone、iPadでは「Byline」が鉄板でPCでは普通にGoogleリーダーにブラウザからアクセスしてみてましたが最近Googleリーダーの仕様が変わってしまい見にくくなってしまったのでなんとかPCでGoogleリーダーをさばけるものを探していて見つけました。これにはiPhone、iPadにはアプリが無料でリリースされていて今回はiPhone版feedlyの紹介です。 
IMG_0481.jpg

既にGoogleリーダーを使っていてログインしたものとして話を進めます。
まず画面左下をタップした状態。「Saved For Later」はGoogleリーダーでいうスターマークです。その下の方にある「iPhone」とあるのは自分が購読してるカテゴリーがでます。

IMG_0482.jpg

次に右下をタップした状態。上から更新、既読にする、スタートページとしてマークするです。3つめはなんだかよくわかりません。機能してるのかな?
「既読にする」はそのカテゴリ内を全て見たこととしてマークします。次回そのカテゴリを開いた時には出て来ません。そのカテゴリ内に何件記事があるかがよくわからないですよね。もしかしたら表示する方法があるのかもしれませんが。カテゴリを開いて左右にフリックするとわかりづらいですが上の方に緑のバーが移動します。それが一番右に行くとそのカテゴリの最後ということになります。

IMG_0483.jpg

各記事をタップした状態。これだけでもある程度の情報がわかりますね。この時点で後でゆっくり読みたい、Googleリーダーのスターマークと同様に機能するのが下の右から2番目のリボンのようなマーク。

IMG_0484.jpg

先ほどの画面の下の方に行くと「Visit websaite」とあります。ここから実際の記事が読み込まれます。


IMG_0485.jpg

右上に「Reader」とありますね。これiOS5からのSafariの新機能、「リーダー」と同じように記事本文だけを表示します。

かなりザックリですが一通り説明終了です。
実はこのfeedlyはiPadだとかなり使いやすいアプリなんですがiPhoneではやはりちょっと画面の狭さでBylineなどの方がいいかもしれません。でももうちょっとiPhoneでもこれを使ってみようと思います。画面は狭くて情報量は少ないのに情報を処理するスピードは速い感じなんですよね。これはこのアプリがよく見やすさを考えて作られてるということなのかなと。

是非お試しを。

feedly - DevHD




Clip to Evernote






関連記事

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://iphonenewapp.blog46.fc2.com/tb.php/466-902ccc97
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。