スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スティーブ・ジョブズ死去

1ScreenClip_20111007172900.png

昨日午前中にTwitterでジョブズ死去の報を知りました。
癌と戦ってたこと、見る度に痩せてること、CEO退任したことなどから病状はあまりよろしくないことは察してはいましたがびっくりしました。
WWDCでiOS5発表後に奥様と周囲の目を気にせず奥様に頭を寄せて何かを成し遂げた?これで終わった?ような表情が印象的でした。

こちらを参照「iOS5新機能について」

よくAppleは終わったとか大丈夫なのかとか言われますが当然こうなることを見越してスタッフを揃えて自分がいなくなっても大丈夫な体制をひきつつあったと思います。
しかし会長職についてこうも早く逝ってしまうことまでは想像してたかどうか・・・でもきっとスティーブ・ジョブズはこれから2,3年Appleが道に迷わないように何かを残していると思います。5年先はどうなるかわからないけど2,3年なら目標が立てれると言ってましたからね。きっと新製品のヒントも置いてきたことと思います。

もしスティーブ・ジョブズという人がいなかったらと仮定して妄想してみます。
iPhoneはおろかAppleもないですよね。Googleは予定通りAndroidを広め始めてはいるが今の景色とちょっと違うかも。端末がタッチパネルではなく、いわゆるガラケーにAndroid搭載となっていたかも。確かGoogleが独自の携帯用OSを開発してるって時はまだiPhone出てなかったと記憶してます。その時はガラケーばかりでしたので「あぁ、あれが全部GoogleのOSになるんだー」と思った印象があります。だからあながち間違いではないような。そしてタッチパネル全盛を迎えるのはもう少し後だったかもしれませんね。

もうスティーブ・ジョブズのような人は出ないかもしれませんね。出たとしても我々から何世代か後の世代の人達の頃の話になるかも。そう考えると生きてスティーブ・ジョブズの考える様々な革命的な製品を実際に体験できたというのはすごいことですよね。エジソンと同じ時代にいたような感じかなと。

早すぎる死は非常に残念ですが安らかに眠ってください。
ありがとう、スティーブ・ジョブズ。

そしてiPhone4S 64GB予約したよヽ(● ´ ー ` ●)/




Clip to Evernote




関連記事
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://iphonenewapp.blog46.fc2.com/tb.php/445-68f83fe7
がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか?
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。